治験向け症例登録システム zenflow Alloc

受託業務経験とITサービス経験を活かして独自開発した治験向け症例登録システムです。
治験症例登録に必要な標準機能を用意しているため最短1か月でご利用を開始していただけます。

概要

治験における症例登録業務全体の生産性を向上する豊富な機能と使いやすさを備えた症例登録システムです。

特長

治験向け症例登録システム zenflow Alloc

  • 治験デザインに合わせた、さまざまな割付方法に対応
  • 直感的な操作で簡単入力、登録結果は画面ですぐに確認
  • 二重盲検試験に対応しており、各施設の搬入薬剤を画面上から設定可能
  • Web登録とFAX登録の併用も可能
  • クラウド運用で災害に強く、24時間、365日安定したサービスを提供

機能概要

Web登録/FAX登録双方で柔軟に対応可能な症例表示・帳票機能

  • 各治験ごとに異なるステージ・コホートに応じて症例項目表示はもちろん、登録内容をPDF帳票として出力することも可能
  • リアルタイムなロジカルチェックで誤入力を防止
  • ほぼ全てのロジカルチェックを標準搭載
    • 施設契約期間、症例数、搬入薬剤のチェック
    • 同一施設内での同一被験者チェック
    • 年齢条件のチェック
    • 選択基準、除外基準の回答チェック

薬剤設定機能・割付手法

  • 二重盲検試験に対応しており、各施設の搬入薬剤を画面上から設定可能
  • 脱落/中止時における薬剤の再利用設定等、柔軟な対応が可能
  • さまざまな割付手法に対応
    • 動的割付(最小化法)、静的割付
    • 施設内バランスを加味した割付(Zelen調整)
    • 層別化法
    • Phase1スタディで多い、コホート毎の投与量の増減処理

サポート体制

サポート時間(基本)<月曜~金曜 9:00~17:00>

  • 専門スタッフがメールでのお問い合わせに対応いたします。

代行入力業務(オプション)<サポート時間内で対応>

  • 症例登録入力代行
    • 医療機関でWebシステムがご利用できない場合、弊社へFAXで登録をご依頼いただき、代行処理いたします。
  • 施設設定入力代行
    • 施設情報の更新ができない場合、弊社にて設定代行を行います。

症例登録業務の詳細はこちら

動作環境

必須環境

  • OS:Microsoft® Windows® 7以降
  • ブラウザ:Windows® Internet Explorer® 11 (JavaScriptの実行及びCookieの保存が許可されている)
  • 通信環境:本システムが稼働しているサーバーにHTTPS通信で接続可能なインターネット環境

推奨環境

  • システム:必須環境が快適に動作するコンピューター
  • 画面解像度:1,280×1,024ドットでWebブラウザを表示可能

TOP