薬剤割付業務

割付表の作成から割付作業、エマージェンシーキーの保管・開封はもちろん、動的割付や治験薬搬入指示など、二重盲検試験で必要な一連の症例登録センター業務をトータルでお引き受けいたします。
また、各種デザインに合わせたご依頼にも対応いたします。

 

こんなお悩みありませんか?

  • 体制やリソースに合わせて、委託する範囲を相談したい
  • 保存温度が冷蔵の治験薬を割付して欲しい

そのお悩み、当社が解決いたします

  • 業務全体を委託することも、お客さまの希望する作業だけを切り出して委託することも可能です
    (例:割付表の作成のみのご支援、お客さまにて作成された割付表を基に割付業務のみご支援)
    作業範囲についてはご相談ください
  • 冷蔵下での割付作業実績から、お客さまに最適な作業方法をご提案します

特長

効率化

  • 経験豊富なスタッフが、最適な割付手順をご提案します
  • 当社の関連サービスやシステムと連携することで、さらなる効率化が可能です

大量の薬剤割付も短時間で対応

  • 独自スタイルにより大量の薬剤割付作業においても短時間で作業を実施します
  • 正確な作業を実施します

特殊な薬剤・環境にも対応

  • 常温で保存が不可能な薬剤などの割付作業に関しても、最適な方法をご提案・実施します
  • 検体の冷凍庫内など特殊な環境での割付作業も実施します

サービス内容

経験豊富なスタッフが、最適な割付手順をご提案いたします。

 

業務手順書の作成、割付表・エマージェンシーキーの作成、割付作業、割付表・エマージェンシーキーの管理、開鍵対応

業務手順書の作成

  • 割付仕様および割付作業の手順を文書化します

割付表、エマージェンシーキーの作成

  • 割付表作成手順書に則り、割付表およびエマージェンシーキーを作成します
  • エマージェンシーキーは、スクラッチ式・封筒式のいずれも対応可能です

割付作業

  • 割付時の識別不能性の確認を行います
  • 割付責任者の指揮のもと、効率よく割付作業を実施します

割付表、エマージェンシーキーの管理

  • 当社にて割付表、エマージェンシーキーを保管・管理します
  • エマージェンシーキーの開封要請が発生した際には、エマージェンシーキー開封業務手順書に基づき開封を実施します
  • 試験毎の背景・ニーズにより、IWRSでの開封、もしくは開封依頼をいただいての割付責任者による開封の、2パターンでの対応が可能です

開鍵対応

  • 治験終了時の識別不能性確認、回収薬剤の封印状況確認、割付表の提供・開封を行います
  • 残薬の確認作業も可能です

ベネフィット

  • 割付数や作業環境などの各種条件に応じて最適な作業手順を構築することで作業ミスを防ぎ、お客さまの費用負担削減につなげます
    • 例)低温下等の特殊環境での作業手順
  • 治験薬の剤型や包装形態、保管環境を考慮した材質を当社が選定、提案することで、お客さまの作業負荷を軽減します
  • 症例登録業務も一緒に委託いただくことで、治験実施までの時間短縮に貢献します
  • 当社開発の症例登録システム zenflow Alloc と併せて委託いただくことで、データ提供からセットアップまでの時間を短縮することができます

事例

割付作業開始までの準備期間は、約2カ月です。(最短1.5カ月の実績もあります。)

作業ボリューム 症例箱:4,000箱、ブリスターシート5枚を抱き合わせ、症例箱へ格納する。
シール貼付数:28,000枚
(症例箱:薬剤番号シール1枚、封緘シール1枚、ブリスターシート:薬剤番号シール5枚)
作業実績 作業者17名、11時間での作業
(うち、2時間は顧客要望により顧客にて全症例の貼付確認実施)
大量の薬剤数、シール貼付数であり、多数の作業者、長時間作業でしたが、高品質な作業実績により、お客さまにはリピートを頂いております。

関連サービス


TOP