生物実験データ統計解析システム EXSUS(イグザス)

EXSUSとは、標準的な表計算ソフトである『Excel』と、世界的に定評のある統計パッケージ『SAS』を自動的に連動するシステムです。これにより、非臨床開発の研究者が簡単にデータ入力操作や出力された解析結果の確認を行えます。

機能と特長

マウスの簡単操作でSASによる検定を実行

  • データの読み込みから解析結果(統計量・p値など)の出力まで、マウスのみで実行可能
  • 入力するデータや帳票形式で出力される結果はExcelを使用しており、特にSASシステムを意識する必要がありません

非臨床試験で汎用される生物統計手法をサポート

  • 非臨床試験で使われる統計手法のうち約90手法を搭載
  • 新たな統計手法を継続的なアップグレードで機能追加

適切な検定手法の選択が可能

  • 統計手法がカテゴリ分けされているため、適切な検定手法を選択することが可能です

 

 

EXSUS Ver.10 の新機能と改良内容

より使いやすく

目的の解析手法をより簡単に選択できるようにするため、統計手法をカテゴリ分類形式で配置、高い操作性を実現

 

HELP機能の配置

解析用データの作成方法や出力された帳票の確認方法、そして解析手法の特徴をすぐに確認できるようにするため、各種統計手法にHELPを配置しました!

 

英語版対応

英語化のご要望にお応えするため、英語版のインターフェースを開発しました!英語での操作や帳票の確認が可能です!

 

各種サービス

導入支援サービス

  • インストール、IQ実施
  • OQ実施支援
  • システムテスト報告書作成

保守サポートサービス

  • 問い合わせに対する調査対応
  • バージョンアップ版提供

カスタマイズ

  • 独自の解析手法の追加 など

お客様のご要望に合わせてご対応いたします。

EXSUSユーザー会

  • 年2回ユーザー会・懇親会を開催
  • ユーザー様の情報共有/意見交換用の共有アドレスをご用意

※非臨床の統計解析に携わる皆様の情報交換の場としてご活用いただいております。

EXSUS ユーザー会 EXSUSユーザー会ページは、
右記のバナーをクリックしてご覧いただけます。

統計手法・機能一覧

基本プロダクト

データの分布

  • データ要約  
    • 要約統計量
    • 外れ値
    •  
  • 正確性の検定  
    • シャピロ・ウィルク検定
    • コルモゴロフ・スミルノフ検定
    •  
  • 等分散性の検定
    • Bartlettの等分散性検定
    • Leveneの等分散性検定
    • F検定
  • 相関
    • 相関係数

群間比較

  • パラメトリック
    • すべての群による比較
      • 分散分析
      • 共分散分析
    • 2群比較
      • Studentのt検定
      • Aspin-Welchのt検定
    • 多重比較
      • Dunnettの多重比較
      • Tukeyの多重比較
      • LSDの多重比較
      • Williamsの多重比較
      • Bonferroniの多重比較
      • Holmの多重比較
      • Dunnettの逐次型検定
  • ノンパラメトリック
    • すべての群による比較
      • Kruskal-Wallis検定
    • 2群比較
      • Wilcoxon検定
      • 二標本コルモゴロフ・スミルノフ検定
    • 多重比較
      • Separate ranking  
        • Steelの多重比較
        • Steel-Dwassの多重比較
        • Shirley-Williamsの多重比較
        • Holmの多重比較
        • FDRの多重比較
        • Steelの逐次型検定
      • Joint ranking
        • Dunnettの多重比較
        • Tukeyの多重比較
        • LSDの多重比較
        • Shirleyの多重比較
  • ツリー型アルゴリズム    
    • Dunnett type
    • Tukey type
    • LSD type
    • Type O
    • Type M
    • Type H
    • Type F
    • Type J
    • Type K
  • カテゴリ
    • すべての群による比較
      • Kruskal-Wallis検定
      • χ2検定
    • 2群比較
      • Fisherの直接確率検定
      • Wilcoxon検定
      • 二標本コルモゴロフ・スミルノフ検定
    • 多重比較
      • Separate ranking
        • Steelの多重比較
        • Steel-Dwassの多重比較
        • Shirley-Williamsの多重比較
        • Holmの多重比較
        • FDRの多重比較
        • Steelの逐次型検定
      • Joint ranking
        • Dunnettの多重比較
        • Tukeyの多重比較
        • LSDの多重比較
        • Shirleyの多重比較
  • 経時データ
    • 経時型分散分析
    • 直交分解型分散分析
    • 投与前値を用いた共分散分析
    • 経時型多重比較
  • 生存時間解析
    • すべての群による比較
    • Dunnettの多重比較
    • Tukeyの多重比較
    • LSDの多重比較
    • Bonferroniの多重比
  • がん原性試験
    • Peto検定
    • χ2検定, Cochran-Armitage検定
    • Poly-k検定

対応のある検定

  • パラメトリック
    • 対応のあるt検定
    • 乱塊法
  • ノンパラメトリック
    • 対応のあるWilcoxon検定
    • Friedman検定
  •  カテゴリ
    • McNemar検定

パラメータ推定

  • 酵素阻害反応試験
    • 競合阻害
    • 非競合阻害
    • 不競合阻害
    • 混合型阻害
    • Vmax,Kmのみ
  • 受容体結合試験
    • Bmax,Kdのみ
    • IC50

要因の効果

  • 二元配置分散分析
  • 三元配置分散分析
  • ラテン方格分散分析

同等性の検定

  • 生物学的同等性試験の解析

割付

  • 完全無作為化割付
  • 逐次型完全無作為化割付
  • 層別無作為化割付
  • 逐次型層別無作為化割付

例数設計

  • 両側t検定
  • 両側Dunnett検定
  • 両側Tukey検定
  • 対応のあるt検定
  • ログランク検定
  • 一般化Wilcoxon検定
  • 両側χ2検定
  • Fisherの直接確率検定

βエラー算出

  • 両側t検定
  • 両側Dunnett検定
  • 両側Tukey検定
  • 対応のあるt検定
  • ログランク検定
  • 一般化Wilcoxon検定
  • 両側χ2検定
  • Fisherの直接確率検定

p値の調整

  • Bonferroniの調整
  • Holmの調整
  • FDRの調整

用量反応関係プロダクト

群間比較

  • パラメトリック
    • Williamsの多重比較
  • ノンパラメトリック
    • Shirleyの多重比較
    • Shirley-Williamsの多重比較

用量反応関係

  • パラメトリック
    • 用量反応関係
    • Williamsの多重比較
    • 最大対比法
    • 回帰分析
    • 回帰分析(パワーモデル)
    • 直線回帰式
  • ノンパラメトリック
    • Shirleyの多重比較
    • Shirley-Williamsの多重比較
    • Jonckheere検定
  • カテゴリ
    • Shirleyの多重比較
    • Shirley-Williamsの多重比較
    • Cochran-Armitage検定
    • Jonckheere検定
  • パラメータ推定

    • ED50
    • 逆推定
    • 平行線検定・効力比
    • LD50

    ツリー型アルゴリズムプロダクト

    • Type O
    • Type M
    • Type H(浜田先生提案のアルゴリズム
    • Type F
    • Type J
    • Type K

     

    ※EXSUSは、1995年に東京理科大学浜田和久馬教授監修のもと販売を開始し、現在は、京都大学魚住龍史先生に監修いただいております。

    BEプロダクト(生物学的同等性試験)

    • 各種パラメータ計算
    • 2×2クロスオーバー分散分析
    • 90%信頼区間
    • 検出力法による例数設計
    • 信頼区間法による例数設計

    その他のプロダクト

  • Professional機能
    • 解析情報付加機能
    • 出力桁数指定機能
    • 印刷コントロール機能
    • 履歴管理機能
  • プロテクトモード
    • 解析の入出力に使用したExcelブックおよびシートの保護機能
  • 稼動環境(EXSUS10.1)

    OS

    Microsoft

     Windows 10 pro
     Windows 8.1 pro

    Microsoft 

     Windows Server 2019
     Windows Server 2016
     Windows Server 2012

    CPU IntelまたはIntel互換のプロセッサ(Pentium 4以上)
    メモリ 4GB以上
    モニタ 解像度:1366×768以上
    ソフトウエア SAS 9.4 (~TS1M7)、SAS 9.3 (TS1M2)
    プロダクト:SAS/GRAPH、SAS/STAT、Base SAS
    Microsoft 
       Excel 2019、Excel 2016、Excel 2013
       Office365 (~バージョン 2002)

    Microsoft

     .NET Framework 4.8   (DirectX 11 or 12必須)
     .NET Framework 4.7.2(DirectX 11 or 12必須)
     .NET Framework 4.7.1(DirectX 11 or 12必須)
     .NET Framework 4.7   (DirectX 11 or 12必須)
     .NET Framework 4.6.2
     .NET Framework 4.6.1
     .NET Framework 4.6

    ※OSおよびソフトウエアについては、32bit、および64bit環境に対応しております。

    ※EXSUS10.1より前の稼働環境については、サポートまでお問い合わせください。


TOP