株式会社CACクロア採用サイト

在宅勤務による変化・気づき

一時はStayHomeが進み、多くの方が在宅勤務やオンライン授業に取り組まれたことと思います。

当社も、緊急事態宣言が解除されるまでは全従業員に在宅勤務の指示がでていました。

もちろん中には在宅勤務に適さない業務もあり、すべてを在宅では実施できないのですが、それでも当社の5月の在宅勤務率は85%を超えました。

 

しかし、これだけ在宅勤務が多くなると、生活リズムや自身の振る舞いにも変化がでるようです。
久しぶりに会った同僚たちからは、こんな声を聞きました。

  • 仕事に集中できる(逆に集中できないという声も)
  • 場所に縛られず会議がしやすくなった
  • 独り言が増えた
  • 身支度がずぼらになった
  • OnとOffの切り替えがしにくい
  • 食事時間が規則正しくなった
  • 料理の腕が上がった

 

オンライン授業でも同じようなことが起きていたのでしょうか?

このように、仕事にも私生活にも少なからず影響のある在宅勤務ですが、当社では、緊急事態宣言が解除された後も在宅勤務の推進を続けています。
またそれに合わせて、人事部をはじめとする各部門では、新たな働き方に合わせたさまざまなルールの検討を重ねています。

 

一部、緊急事態宣言解除後に感染者数が増えている地域もあります。
第2波、第3波を警戒しながら気を付けてお過ごしください。

この投稿をシェアする

ENTRY

この度は、株式会社CACクロア採用情報サイトへお越しいただき、誠にありがとうございます。
皆さまにお会いできること、心より楽しみにしております。