株式会社CACクロア採用サイト

社会人基礎力

「社会人基礎力」という言葉をご存じですか?

就活中の方は、特にこの言葉を聞く機会が多いかもしませんね。 

 

社会人基礎力は、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として、2006年に経済産業省が提唱した考え方で、「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成されています。 

 

当初は主に学生を対象とし、企業が求める人物像と実際のギャップを埋めるために提唱されていましたが、社会の環境が変わり、2017年には、「どう活躍するか」、「どのように学ぶか」、「何を学ぶか」という3つの視点が加わるとともに、「人生100年時代の社会人基礎力」と言い換えられ、その対象が社会人全般に広がりました。 

 

「基礎力」とあるので、先輩社員は100点なのかな?と思うかもしれませんが、全てパーフェクトな方はそうそういません。だれしも強みと弱みがあり、「人生100年時代の社会人基礎力」というように、働く限り成長させたい能力です。 

 

 

基礎力を身に付けて社会人の高みへ

 

業務が高度化し、専門家同士の協力や分業の必要性が高まるなか、CACクロアでも、これらの能力をとても重要なものと捉え、新人研修に導入して各能力の向上を目指しています。また当社では、それぞれが十分な能力を発揮して気持ちよく働き、そして顧客に満足していただくためには、そのなかでも特に「チームで働く力」が重要だと考えています。 

 

新人研修では、まず社会人基礎力の診断をして、自分の強み・弱みを分析します。 

その後、立てた目標に向かい1年をかけて、強みを伸ばし弱みを克服していきます。これを意識して働くのとそうでないのとでは、1年後に大きな差になっているはずです。 

 

無料で診断できるWEBサイトもあるようなので、社会人基礎力が気になった方は、ぜひ今の自分の力を確認してみてください。 

今の自分を知ることで、学生の方は社会人になってからの振り返りが、社会人の方はこれからの過ごし方が、一層楽しく意味のあるものになると思いますよ! 

この投稿をシェアする

ENTRY

この度は、株式会社CACクロア採用情報サイトへお越しいただき、誠にありがとうございます。
皆さまにお会いできること、心より楽しみにしております。