株式会社CACクロア採用サイト

製薬会社を支援するCROとは

私たちCACクロアは自らを「CROにITを組み合わせた先駆的企業」と表現していますが、そもそも「CRO」とは一体どんなことをする企業なのでしょうか? 


CROは “Contract Research Organization” の頭文字をとったもので、日本語に訳すと「医薬品開発業務受託機関」、意訳すると「医薬品開発業務のアウトソーシング企業」です。


製薬会社が医薬品を開発して承認されるまでには、とても長く多岐にわたる道のりをたどる必要があります。

また承認された薬が販売された後も、より適正な使い方を広めるとともに、より安全で効果のある薬へと改良をするために育薬という活動が続きます。そうしたプロセスにおいて求められるさまざまな業務を代行・支援し、製薬会社とともに医薬品開発を行う会社、それがCROです。


CROの代表的な業務は臨床試験のモニタリングですが、製薬会社への支援はそれにとどまらず、医薬品の基になる化合物の管理や国に申請する文書の作成、そして発売された薬の安全性情報管理など、広範で多岐にわたります。

 

<CROの業務支援例>

CROの業務支援範囲

 

製薬会社のさまざまな業務を支援するCROですが、これほど社会的にIT技術が普及した現在でも、われわれが担当する分野のIT化は道半ばで、手作業でこなす業務もまだまだ多いのが現状です。当社ではそうした状況を打開するべく、ITを積極的に活用し、強力な支援を行っています。 

 

 

この投稿をシェアする

ENTRY

この度は、株式会社CACクロア採用情報サイトへお越しいただき、誠にありがとうございます。
皆さまにお会いできること、心より楽しみにしております。