株式会社CACクロア採用サイト

社外の方とも一体になってプロジェクトを作り上げることに、やりがいを感じます。

全身

徳永 崇明

入社年 2015年
出身学部・学科 薬学部
担当業務 モニタリング業務

CACクロアを選んだ理由を教えてください。

私が入社したのは2015年で、まだCACクロアになる前の時代でした(注:CACクロアは2017年4月にCACエクシケアとクリニカルトラストが合併して発足)。入社前からモニタリングに従事しており、当社の面接で「モニターとしてだけではなく、将来的にはさまざまな職種につける可能性がある」と言われたことをきっかけに、「選択肢は多いほうがよい」と思い、入社を決めました。

現在は眼科領域の治験のモニタリングを担当しており、東は東京、西は福岡まで、計5施設を担当しています。

将来のビジョンを教えてください。

モニターとは、開発中の薬が国の承認を得る際に行われる臨床試験(治験)が最新の省令、治験実施計画書、手順書に従って実施されているかどうかを監視=モニターする役割をしています。

今はモニター3年目でまだまだ技術や経験が足りていませんが、将来的にはモニターをまとめるリーダーや、プロジェクト全体のリーダーを任せられるようになりたいと思っています。昨今では抗がん剤の開発が活発なので、オンコロジー試験も担当するなど領域も広げ、もっともっと成長していきたいです。

どのような時にやりがいを感じますか?

モニターとして仕事をしていて痛感することは、問題解決能力が必要だということです。例えばトラブルが起きた時、どのようなプロセスで解決していくかを適切に判断する力が求められます。自分で考えることはもちろん、周りの人にも意見を求めて、常にベストな方法を模索する必要があります。私自身は経験が浅いので、よく隣の席の先輩モニターに相談していますが、いつも優しく教えてもらえるのでありがたく思っています。

時には社外の方の意見を伺うこともあります。社内外で意見を出し合い、解決策を見いだすのはとても緊張する作業ですが、同時に大きなやりがいも感じています。

※記載されている情報は2018年3月時点のものです。

ENTRY

この度は、株式会社CACクロア採用情報サイトへお越しいただき、誠にありがとうございます。
皆さまにお会いできること、心より楽しみにしております。