CACクロアがVeeva CROパートナープログラムに参加

2021年1月7日

Vault EDCでスタディ構築を迅速化!

医薬品開発支援の株式会社CACクロア(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 肇、以下「当社」)は、Veeva Japan 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:岡村 崇、以下「Veeva Japan」)が提供する、Veeva CRO Partner Program for Clinical Data Management(以下「CROパートナープログラム」)へ参加したことをご報告いたします。

 

これにより、当社が取り扱うEDC製品が拡充され、製薬会社に多様な選択肢を提供できるようになるとともに、臨床試験の効率化と、かかる時間やコスト軽減の実現を目指しております。

 

 

CROパートナープログラムの当社参加に関して、Veeva Japan代表取締役の岡村 崇氏は、次のように述べています。

岡村氏:Veevaは治験依頼者がCROに求める、質の高いスタディの構築や、より迅速な立ち上げを容易にできるよう支援しています。CROパートナープログラム参加により、当社はCACクロア様のサポートができることを光栄に思います。

 

また、当社東日本事業部長の三谷 敏之と、西日本事業部長の小柳 寿雄は、CROパートナープログラムへの参加について次のように述べています。

三谷:Vault CDMSの活用を通じた、リアルタイムで効率的なデータ収集・管理プロセスの構築により、スタディ構築をより一層迅速化できると期待しております。

 

小柳:EDC構築が、より容易になりかつ大幅に期間短縮もできることから、一層臨床開発の効率化へ貢献できるものと大いに期待しております。

 

今後、Veeva Japanより、プロトコル・ケースブック作成方法・ベストプラクティス等の提供を受けながら、臨床試験に必要とされる期間のさらなる短縮を行い、新薬開発の迅速化に貢献してまいります。

お問い合わせ

お問い合わせは、問い合わせフォームもしくは、以下のお問い合わせ先にお願いいたします。

お問い合わせ先

 

 Veeva Japan株式会社について(www.veeva.com/jp/

Veeva Japan 株式会社はグローバルなライフサイエンス企業向けにクラウドベースのソフトウェアを提供するリーディングカンパニーVeeva Systems社の日本支社です。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで、950社を超える顧客に技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功にコミットする様々なサービスを提供しています。サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開しています。

株式会社CACクロアについて

CACクロアは、国内外に約20のグループ会社をもつCACグループの一員。
CRO × IT ⇒ CROIT(クロア)が社名の由来であり、業務支援(CRO)と情報技術(IT)とを融合させた高度で高品質なワンストップサービスを提供し、スピーディーかつ効率的に医薬品開発をサポートしてまいります。

 

※本資料に記載されている社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。

 

 

 


TOP