AIで医薬品開発業務の効率化と品質向上を両立

ディープラーニングを文献査読・MedDRA検索に活用しコストの削減へ

医薬品開発支援の株式会社CACクロア(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 肇、以下「当社」)は、医薬品安全性情報管理業務(以下「PV業務」)などで行う文献査読業務およびMedDRAICH国際医薬用語集)辞書の検索にAIを活用し、業務の効率化と品質の向上を実現しました。

 

当社は、製薬会社から医薬品と疾患に関する情報収集と査読を受託していますが、案件ごとの専門性やルールの違い、担当者による作業スピードや査読結果のばらつきが課題でした。

 

そこで、これらの課題を解決するため、単純なキーワードマッチングや正規表現ではなく、「ディープラーニングの技術」で熟練作業者のノウハウをデジタル化し、アウトプットまでの効率化と品質向上を両立する仕組みを開発するとともに、業務への適用を開始しました。

 

AI活用の機能と効果

  • 任意の文章や初見の用語からMedDRA用語を推論
  • 文献評価票に入力する査読結果を推論
  • 査読結果のばらつきを抑制
  • 査読にかかる時間・コストの削減
  • 蓄積データの分析によるQC作業の高度化


 今後の展開

当社は、これまでもPV業務に、Robotic Process Automation (RPA)を導入するなど、業務の効率化・デジタル化を進めてきましたが、今後はモニタリングをはじめとする臨床開発の業務にもAI等の技術を適用し、さらなる効率化を進めるとともに、製薬会社の新薬開発コストの削減に挑み続けます。

 

関連サービス

安全性情報管理業務支援

安全性情報進捗管理パッケージソリューション zenflow (ゼンフロー)

 

 

 CACクロアについて

株式会社CACクロアは、国内外に約20のグループ会社をもつCAC グループの一員。CRO × IT ⇒ CROIT (クロア)が社名の由来であり、業務支援(CRO)と情報技術(IT)とを融合させた高度で高品質なワンストップサービスを提供し、スピーディーかつ効率的に医薬品開発をサポートしてまいります。

所在地: 東京都中央区日本橋箱崎町24-1
代表者: 代表取締役社長 加藤 肇
設立年: 2012年4月2日 (株式会社シーエーシーより、株式会社CACエクシケアとして分社化)
   : 2016年4月1日 (株式会社クリニカルトラストと合併し、株式会社CACクロア発足)

 

※本資料に記載されている社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。

以上


TOP