アカデミアと連携した人財育成:第8回 「 医療情報データベースを活用した薬剤疫学ゼミ」を開催しました

当社は、医療情報データベースを活用した実践的な「薬剤疫学」の担当者育成のため、慶應義塾大学の漆原教授をお招きし、定期的な勉強会の開催および、最新情報の共有を行っています。

 

第8回を迎えた今回のゼミは、「DB研究のアウトカム定義とバリデーションについて~Validation studyとClinicalCodes® ~」というテーマで開催しました。

 

 

◆講師

慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科 医薬品開発規制科学講座 教授 漆原 尚巳先生

 

◆過去の開催テーマ

第1回 2016年7月 バイアス論、因果推論
第2回 2016年9月 様々な疫学研究
第3回 2017年3月 観察研究における因果推論~総まとめ
第4回 2017年12月 第3回薬剤疫学ゼミの復習と 医療情報DB研究におけるデザインパラメータ設定
第5回 2018年3月

リアルワールドデータを用いた観察疫学研究が描き出すもの
~Learning Healthcare SystemとGCP Renovationの視点を含めて~

第6回 2018年5月 第4回薬剤疫学ゼミの復習と具体的事例・論文の紹介
第7回 2018年9月 共変量選択とDisease Definition
第8回 2019年3月 DB研究のアウトカム定義とバリデーションについて
~Validation studyとClinicalCodes® ~

TOP