eSource活用システムで新薬の開発期間とコストを削減

CACクロア と ビーグル が新薬の開発期間短縮とコスト削減に向けて業務提携

治験症例データの収集から新薬申請までの効率化を目指し、パートナー契約を締結

株式会社CACクロア(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 肇、以下「当社」)と、株式会社ビーグル(本社:東京都港区、代表取締役:田村 祐子、以下「ビーグル」)は、臨床試験・研究分野における治験症例データ収集から申請までの効率化を目指し、両社のツールとサービスを共同展開することに合意しました。

近年は、ジェネリック医薬品へのシフトや薬価の引き下げなど医療費抑制策の強化が進み、医薬品市場においては品質を維持しつつコストを削減することが、強く求められています。
これまで治験症例データは、EDCによる管理が一般的ですが、EDCにはさまざまな原資料から、主に手動で転記されており、そのデータの信頼性や正確性を担保するために、原資料との照合(SDV)に膨大な時間とコストがかかっています。また同時に、臨床の現場においてもデータ収集時の作業および確認に要する負担が大きく、本来あるべき臨床試験・研究に向き合う時間、業務が制限されることも問題視されています。

そこで、製薬会社の品質維持やコスト削減、治験実施医療機関の負担を軽減するために、創薬から育薬までワンストップサービスを提供する当社と、CDISC標準に対応可能なeSource活用システム(beagle medica)をもつビーグルが、パートナー契約を締結し、治験症例データの効率的な収集を行うツールとサービスを共同展開します。

CACクロアの提供サービス

CACクロアは、以下のサービスを提供することにより、SDVコストの削減、より高品質な臨床試験データの収集など、治験の効率化を通じて、新薬の開発期間短縮を目指しています。

  • eSource活用システム(beagle medica)導入に向けたコンサルティング
  • beagle medicaの運用・ヘルプデスクサポート
  • eSource、eConsent、RBM、mHealth、RemoteSDV等の次世代モニタリングサービス
  • その他治験関連サービス

ビーグルの提供サービス

ビーグルは、beagle medicaのさらなる普及を通じて治験症例データの品質向上や、医療現場へのトレーニング実施による治験に対する意識改革を目指しています。

  • CDISC標準に対応可能な beagle medica システムの提供
  • 治験・臨床研究での利用実績をもとにしたオペレーションコンサルティング
  • 治験実施医療機関へのQMS・バリデーション支援およびトレーニング実施
  • 分散データベースを使用した徹底したデータ管理

esource活用


CACクロアは、従来のEDC に加えて、今回のeSource 活用システムをサービスに追加することにより、収集データの信頼性・即時性の向上など、治験の効率化を進めます。さらに、創薬から育薬までフルサービスを展開する当社は、顧客に合わせたワンストップサービスの提供通じて、新薬の開発期間短縮やコスト削減など製薬会社を強力に支援してまいります。


TOP