新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言解除後の対応について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

当社は、3月より新型コロナウイルス感染拡大防止策を実施するとともに、緊急事態宣言発出以降はすべての従業員に対し原則在宅勤務を指示してまいりましたが、この度、5月25日付の緊急事態宣言の解除を受け、方針および対応を以下の通りに変更することをお知らせいたします。

方針・対応

  • 日常的な感染予防対策は継続
    • 出社時の、検温・手指消毒・マスク着用・ソーシャルディスタンスの維持など、基本的な感染予防策は継続し、全従業員および顧客の安全を担保します。
  • 訪問・集会・出張等は一部緩和
    • 顧客訪問・海外渡航・対面での会議・イベント・懇親会等は、禁止・自粛を継続いたします。
    • 国内出張については、必要でやむを得えない場合に限り許可します。
  • 全従業員への在宅勤務指示は終了
    • 緊急事態宣言措置として実施していた、全従業員対象の在宅勤務指示は終了とし、段階的に通常の勤務形態へ戻します。
  • 在宅勤務推進は継続
    • 全従業員対象の在宅勤務指示は終了しますが、BCP対策の観点や働き方改革ならびに、従業員のワークライフバランス向上策として、在宅勤務を引き続き推奨・推進します。


今後も、政府公表の「段階的緩和の目安」にのっとりながら、新型コロナウイルス感染症に関する状況を注視し、必要な対応を臨機応変に実施してまいります。


TOP