CACクロアとアガサが 治験・臨床研究のデジタル化を再加速  申請関連文書作成支援ツールを文書管理に組み込み、申請業務を効率化・低コスト化

2020年10月30日

申請書の作成から文書の管理までシームレスな運用で新薬申請の期間短縮に貢献

医薬品開発支援の株式会社CACクロア(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 肇、以下「当社」)と、アガサ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鎌倉 千恵美、以下「アガサ」)は、両社が持つ文書管理システム“Agatha”と申請関連文書作成支援ツール“SWIFTeS”(スウィフト) を連携させ、治験や臨床研究のさらなるデジタル化と、信頼性確保ならびに業務の効率化を実現するサービスの提供を開始いたします。

 

サービス提供の背景

日本国内の治験・臨床研究文書は、紙の原本をベースにした品質管理がなされており、紙原本と電子コピーの二重管理における信頼性の不透明さや、印刷・郵送・保管などの紙処理に係るコストや非効率性などが、製薬会社の課題となっています。

 

当社は、申請関連文書を作成する製薬会社に“SWIFTeS”を提供するなかで、単純なファイル共有サーバーを使った“SWIFTeS”のみの運用では「最新文書がわからなくなる」、「間違えて上書き保存をしてしまった」などへの課題があり、文書管理や版管理の課題解消を模索していました。

 

また、アガサは、ER/ESやPart 11に対応した、“Agatha”の提供を通じて、治験・臨床研究に使用する書類の電子原本化を推進し、関係者による情報共有や連携を容易にする取り組みを進めてきましたが、申請文書作成システム等の外部システムを使用する際に、システム外でファイルの授受が発生し、文書管理システムの利点が生かせなくなる点を問題視していました。

 

シームレスな運用で効率化と低コスト化を実現

そこで、CACクロアとアガサは、アガサが持つ文書管理システム“Agatha”に、当社が開発した申請関連文書作成支援ツール“SWIFTeS”を組み込むことで、申請に必要なファイルを文書管理システムから持ち出すことなく、申請書の作成から文書の管理まで行えるシームレスな運用を実現しました。

 

これにより申請関連業務の信頼性確保・効率化・低コスト化が進み、製薬会社の新薬申請に要する期間を短縮します。その結果、いち早く社会に必要な薬が提供され、ひいては患者さんのQOLの向上にも貢献します。

 

 

概要図

お問い合わせ

お問い合わせは、問い合わせフォームもしくは、以下のお問い合わせ先にお願いいたします。

 

■ 株式会社CACクロアについて(www.croit.com)
CACクロアは、国内外に約20のグループ会社をもつCACグループの一員。CRO × IT ⇒ CROIT(クロア)が社名の由来であり、業務支援(CRO)と情報技術(IT)とを融合させた高度で高品質なワンストップサービスを提供し、スピーディーかつ効率的に医薬品開発をサポートしてまいります。

 

■ アガサについて(www.agathalife.com)
アガサ株式会社は2015年10月、治験・臨床研究の文書管理クラウドサービスを医療機関・製薬企業・医療機器企業向けに提供する会社として発足し、『新しい治療法や薬の研究開発をITで効率化し、世界中の人々の健やかな人生に貢献する』をビジョンに掲げ、高品質で低コストの臨床研究・試験の実施を目指し、医療現場の業務改善を推進していきます。

 

※本資料に記載されている社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。


TOP