「第18回国際薬理学・臨床薬理学会議」(WCP2018)のサテライトシンポジウム受付を開始

株式会社CACクロアと、国立大学法人 京都大学は、2018年7月に開催されるWCP2018において、サテライトシンポジウム「リアルワールド’ビッグ’データに基づいたシステム薬理学とAI」(以下、本シンポジウム)を共同開催いたします。

WCPの日本での開催は 1981(東京)以来 37年ぶりで、今回は薬理学会と臨床薬理学会が合同開催されます。

現在、ビジネスにAIを取り入れて業務効率を改善したい、新しい収益源を開拓したいと考えている企業は多いものの、具体的にどんなテクノロジーをどんな事業に取り入れるべきかがわからないという声が、多く聞かれるため、そうした課題解決のために専門技術や研究者の紹介、関連する産学連携の場の提供などを行います。

本シンポジウムへの申込・詳細は、特設サイトをご覧ください。


TOP