コンプライアンス

行動憲章

私たちは、公正な競争を通じて付加価値を創出し、雇用を生み出すなど経済社会の発展を担うとともに、広く社会にとって有用な存在でありたいと願っています。そのために、以下の10原則に基づき、人権を尊重し、関係法令その他のルールおよびその精神を遵守しつつ、持続可能な社会の創造に向けて、高い倫理観をもって社会的責任を果たしていきます。

 

  • 経営トップの責任
    • 経営トップは、率先垂範して本憲章の精神を社内に浸透させるとともに、取引先にも促し、万一、本憲章に反する事態が生じたときには、自ら問題の解決にあたります。
  • 法令等の遵守
    • 法令、社会的規範および社内規則を遵守するとともに、高い倫理観を持ち、適正な企業活動を行います。
  • 品質の高いサービスの提供
    • 社会的に有用で品質の高いサービスを提供し、お客様の満足と信頼を獲得します。
  • 公正な取引
    • 透明かつ公正な取引を行い、自由な競争を阻害する行為は行いません。また、政治、行政との健全で正常な関係を保ちます。
  • 情報の管理
    • 正確な会社情報を適切に発信します。また、秘密情報を厳重に管理し、不正な開示・漏洩、正当な目的以外の使用はしません。
  • 人権の尊重
    • あらゆる企業活動の場面において人権を尊重し、人種、民族、国籍、性別、年齢、障害の有無、社会的身分、信条、宗教等を理由とする差別は行いません。
  • 役職員の尊重
    • 役職員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、健康および安全に配慮し、活気に満ちた職場環境を確保します。
  • 環境問題への取り組み
    • 持続可能な社会づくりに貢献するため、環境問題に主体的に取り組みます。
  • 社会への貢献
    • 地域社会の一員として、事業活動を通じて地域経済の発展に貢献するとともに、社会貢献活動を積極的に行います。
  • 反社会的勢力との関係遮断
    • 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、断固たる態度をもって一切の関係を遮断します。

TOP