対外活動

従業員一人一人の技術・知識を高める為の教育の一環として、対外活動を積極的に支援しています。

対外活動の取り組み

CACクロアでは、従業員一人一人の技術・知識を高める為の教育プログラムがあります。
日々進化するCRO業界において、従業員教育とそのサポートはたいへん重要です。
その教育プログラムと合わせ、日々の業務から得た知識と経験が、
業界全体に役立つものとして社外へ発信されることは社会にとっても有益なことです。

このような考えの基、CACクロアでは従業員の対外活動を積極的にサポートしています。

対外活動の取り組み

活動方針

製薬業界においてCROは、臨床試験や製造販売後調査におけるデータの収集、分析などの業務を支援する大変重要な役割を担っています。世の中には未だ治療方法も医薬品も見つかっていない病気も残されており、そういった意味では、製薬業界は現在進行形で進化し続けている発展途上の業界といえます。だからこそ、日々の進化に追随し、発信する活動が大切と考えています。

対談している様子

視野を広く、世界を見据え、進化の最先端をゆく

パソコンを操作している様子

情報を知り、理解し、吸収することで新たな領域へ

医師と対話している様子

業界のリードオフマンとして情報発信を積極的に行う

日付 タイトル 主催 種類
2017/07 臨床試験、非臨床試験のCDISC対応の違いと臨床及び非臨床CDISC担当者の協業事例 日本毒性学会 ポスター発表(共同)
2017/07 SENDデータセット作成における施設間のバラツキに関する調査 日本毒性学会 ポスター発表(共同)
2017/07 SEND標準を利用した非臨床試験の組織病理学・毒性学的考察 日本毒性学会 ポスター発表(共同)
2017/07 欧米におけるIDMPの実装について 薬制研究会 セミナー
2017/06 SENDデータのばらつきの実態と、データ作成時に考慮すべき点について Clinical Data Interchange Standards Consortium 講演
2017/06 CROにおけるCAPA管理と品質改善:月刊医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団 寄稿

TOP